趣味は美容、運動、読書に映画。(らん)


by greenmamo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:book&magazine( 33 )

美的

久々に美容雑誌を買いました。
e0096984_1133639.jpg

美的 1月号

外資系の化粧品メーカーにいたせいか、この時期のデパートコスメフロアの雰囲気が好きです。
クリスマスコフレをオンカウンターして、ディスプレーも変えて・・・

クリスマス前は、集客数も多く、忙しかったのですが、仕事のし甲斐があって充実してたのを覚えています。「目標」も高かったよ・・・

今回、私が美的を購入したのは、とある特集が読みたかったから。
それは、「すべて知りたいBAのお仕事!」
やはり、現役を退いても、気になります。未練はないけど。
思っていたより、その内容が薄かったのですが、知ってる名前も出てきたりして、それなりに楽しめました。

付録で付いてくる「スキンケアダイアリー2009」は、まるでBAマニュアル?と見まがうくらい、ビューティ情報が満載。
ずぼらな私には、とても使いこなせないだろうな・・・
[PR]
by greenmamo | 2008-11-27 00:25 | book&magazine

読了本

最近読んだ本は、こちら。
e0096984_10451574.jpg

フィリッパ・グレゴリー 「ブーリン家の姉妹 上・下」

9月に発売されるや否や、上下巻を買い込み、黙々と読み耽りました。

私は、ミステリーやサスペンスも好きですが、歴史小説も好きです。
特に、中世ヨーロッパは、複雑だけど、縦糸と横糸を紐解く作業が面白い!

さて、こちらは、イングランドの黄金時代を築いたエリザベスⅠ世の生母アン・ブーリンとその妹メアリーを、メアリーの視点で描いた歴史小説です。
妃をとっかえひっかえ(最終的には6人)めとった、ヘンリー8世の2番目の妻が、アン・ブーリンです。
いわば、イギリス版「大奥」?

アン・ブーリンの最後を知っているだけに、一体ラストに向かってどんな展開になるのだろうと、ハラハラしながら読み進めました。

「ブーリン家の姉妹」は、次の記事でも触れますが、10月に映画も公開されます。

続いて・・・
e0096984_10453180.jpg

ジョン・グリシャム 「無実 上・下」

ジョン・グリシャム初のノンフィクションです。

こちらは、1人で電車に乗る時に、本を持たずに出てきてしまったことに気付いて、駅の売店で慌てて買った作品です。
実は、法廷モノも結構好きで、彼の作品は映画でよく観ました。
下巻がどこの本屋さんにも売ってなくて、ネットで注文しようかと思っていたら、地元の図書館にちゃんと置いてありました。

こちらは、ジョージ・クルーニーが映画化権を取得とかで、今撮影中?
本で読む限り、主役のロン役は、かなり難しそうな役どころです。その辺は、観てのお楽しみ。

他にも、織田信長の妹、お市の方の三女小督(淀殿の妹)を描いた、諸田玲子の「美女いくさ」を図書館でリクエスト中。

この秋は、中世に行ってきます。
[PR]
by greenmamo | 2008-10-06 11:26 | book&magazine

お気に入りの席で・・・

夏休み。
元気いっぱいの幼稚園児が、家でおとなしくしているはずも無く、毎日どこかしらに連れて行っています。
おかげで財布が軽い・・・

この日は、付き添い要らずのプールに娘を連れて行き、やっと手に入れた、30分ほどのお一人様タイム。
e0096984_23513721.jpg

いつものカフェの、いつもの席で、杏仁スワークル(杏仁大好物)を片手に読書しました。

この本は、昨日読み終えたばかりの、あさのあつこ 「金色の野辺に唄う」

本で涙したのは久しぶりです。東野圭吾の「赤い指」以来かな?

色彩が美しい本です。
あ、本の表現としては、矛盾してますね。
もちろん、想像でしかわかり得ませんが、文章を読んでいるだけで、まるで、映像で見てるかのように、はっきりと「色」が瞼の奥に浮かんできます。
鳥の鳴き声も、すぐそばで聞こえるかのよう。

図書館で、たまたま手に取った本ですが、読んでよかった1冊です。
[PR]
by greenmamo | 2008-07-27 00:15 | book&magazine

「風花」

今年に入ってから、川上弘美さんの本を手に取ることが多いです。

・東京日記 卵一個ぶんのお祝い。
・東京日記2 ほかに踊りを知らない。
・なんとなくな日々
・此処 彼処(ここ かしこ)
・龍宮
・古道具 中野商店

などの本を読み終えました。

きっかけは、新聞の読書欄を見て、興味が沸いたからです。
読者の質問に、現役の作家が答えるコーナーというのがあって、
「どうしたら面白い文章が書けますか?」という一般の方の質問に、プロの作家が出した答が、「川上弘美さんの本を読んでみたらいかがですか?」というような内容でした。

「プロの作家が勧める作家ってどんな本だろう?」と思い、読み始めてからというもの、なんとなく川上ワールドに引き込まれている自分がいます。

「なんとなく」とあいまいに表現するのには理由があって、別に、はまってると言うわけではないのですが、川上さんには、どこか縁を感じるんです。
って、私ったら、おかしなことを言ってますね。
まあ、その話は、長くなるので、機会があれば、いずれまた・・・

前置きが長くなりましたが、ちょっと前に読んだ作品がこちら。
e0096984_23241668.jpg

川上弘美さんの最新作「風花」です。

ちょうど、「読んでみたい」と気になっていたところ、図書館の新着図書コーナーに、普通に置いてありました。これもまた縁でしょうか。

全体的に、ゆるーい雰囲気なのは、川上作品に共通するところ。
この、微妙な「間」の取り方が、川上さんは上手ですね。

主人公の女性に対する思いは、読者によって判断が分かれるところかしら。
しかも、読者それぞれの、性別、職業、既婚or独身など、各々の立場の違いによっても、感じ方が分かれるだろうと思うので、感想を述べ合うのも面白いかも。

私ですか?嫌いじゃないですよ。ああいうタイプの女性。
私に無いものを持ってますからね。
[PR]
by greenmamo | 2008-07-15 00:29 | book&magazine

Grazia

付録のDVDにつられて、雑誌Graziaを買ってみました。

e0096984_16581135.jpg

Grazia7月号 

BEAUTY SPECIALは、「一生リバウンドしないカラダの作り方」ということで、
モデルのSHIHOさんが登場。
美しいセミヌード写真、体型遍歴、ヨガなど、「SHIHOボディのつくり方」は、14ページと見ごたえがあります。

付録のDVDは、
朝晩5分×1ヶ月で変わる!
外からほぐす「ボディーワーク」と、内から締める「ピラティス」実践DVD


ピラティスを、試しにやってみましたが、終わる頃には全身ポカポカで、じんわりと汗が。
普段、家では、腹筋、スクワット、ストレッチなどを行っていますが、
ピラティスもやってみると楽しいですね。何気ない動作でも、結構キツイけど・・・

デパートに行ったところで、セール前で買い控え中ですし、梅雨で出かける機会も少なくなるので、家で夏に向けてボディメイクに励むことにします。
[PR]
by greenmamo | 2008-06-06 17:20 | book&magazine

読了本

北海道旅行記の前にちょっと一息。(先送りとも言う)

ちょこちょこと家事の合間に本を読みました。
すべて図書館で予約して借りた本です。

e0096984_1603829.jpg
坂東真理子 「女性の品格 装いから生き方まで」

女性としての振る舞い方を、具体的にアドバイス。
3~4hもあれば、さっと読み終えられる本なので、
まだの方は、軽い気持ちで目を通しておいて損はないかも。
内容は、至極最もな意見だと思うし、筆者が言うこともよく分かる。
でも、なかなか行動が伴わない私。素敵になるって難しい。


e0096984_1604727.jpge0096984_1605715.jpg
宮部みゆき 「楽園 上・下」

こちらは上下巻の長編なので、主に夜、
娘が寝付いた後に、腰を据えて読破。
私が初めて宮部作品に出会った「模倣犯」の、その後を描いた作品です。

もともと新聞連載だったからでしょうか。
読み進めていくうちに、腑に落ちないというか、もう少し説明が欲しい部分がありました。
同じ本を読んだ方が周りにいたら、その部分についての意見を聞いてみたい気もします。

「楽園」の冒頭に、ジェイムズ・エルロイ著「ブラック・ダリア」の引用がありました。
「ブラック・ダリア」は、こちらに感想は残していないのですが、3ヶ月くらい前にDVDで、
映画を観ました。こちらがその時の記事

やはりエルロイが書いた「L.Aコンフィデンシャル」という作品も、
9年前に映画化されていて、これは私の好きな映画の一つでもあります。
この映画は、アカデミー賞も受賞しているので、記憶にある方も多いかもしれませんね。

「楽園」と話がそれてしまうのですが、いつかエルロイ作品も、本で読んでみたいと思いました。(しかし残念ながら、私が通う図書館には置いてありませんでした)

TDRで利用したホテル
[PR]
by greenmamo | 2007-09-30 16:50 | book&magazine

読了本

最近読んだ本はこちら。

e0096984_15194174.jpg
村上春樹 「うさぎおいしーフランス人」
シュールです。それもかなり。
正直あまり理解できませんでした。
うう、読解力の無さが悔やまれますわ。
すぐに読めるので、立ち読みで読みきれるかも。
私は、図書館で借りてきました。


↑この本のイラストは、安西水丸。

e0096984_15195388.jpg
娘に初めて買い与えた絵本
「がたんごとん 
  がたんごとん」の作者です。

色使いが可愛かったので、
娘が3ヶ月くらいの時に買いました。
今でもたまに「読んで」とせがまれます。



ついでに、実家に綾小路きみまろの「こんな夫婦に誰がした」があったので、
滞在中に、2/3ほど読みました。

e0096984_15231032.jpg

私の親は、こういう本を読んでいたのね・・・
[PR]
by greenmamo | 2007-08-11 15:38 | book&magazine

読了本

最近読んだ本は、この2冊。
e0096984_123525.jpg山田宗樹 「嫌われ松子の一生」

映画化もドラマ化もされたので(どちらも見ていませんでしたが)、
なんとなくストーリーは知っていました。

後半は一気に読めた。
映画は「よくできている」と聞いたことがあるので、
TVで放映されたら(コラ)観てみたいです。


e0096984_12353459.jpg竹内一郎 「今すぐなれる『見た目』美人43のルール」

「人は見た目が9割」を書いた人の最新刊。
↑を、より具現化した内容になっています。
すぐに読み終えられます。

娘ネタです
[PR]
by greenmamo | 2007-06-27 13:26 | book&magazine

夫の買い物

e0096984_8483267.jpg

アクティブじゃらん

夫が珍しく雑誌を買ってきた。

夫は大の「花火好き」

1人ででも電車を乗り継いで出かけてしまうくらい、花火に情熱を傾けている。

どの位置で観賞するかとか、いろいろこだわりもあるようで、花火について語り始めると、
人が変わったかのようにしゃべり続けます。

この雑誌は、扇子がおまけに付いて200円だったそうで、「安い!」と大感激の夫でした。
今月、私が、ファッション誌を5誌買ってしまったことは、公然の秘密?!
[PR]
by greenmamo | 2007-06-13 09:01 | book&magazine

雑誌

目下、自分の中で勝手に、「女子力向上強化キャンペーン中」につき、
今月は、洋雑誌をやめて、実用的&情報量の多いこちらの2誌を購入しました。
e0096984_16401685.jpg

Oggi&CLASSY

Oggiは、スタンダードなスタイリングの中に、
カラフルな色使いで、今年らしさを出しています。

きれい色の、ブルー・グリーン・イエロー・レッドなどのお洋服の配色方法に加えて、
合わせるメイクの仕方も指南。

美容ページも、なかなかの充実ぶり。
6月に発売されるロクシタンのレッグムースと、スティーブンノルのヘアオイルあたりが、
ちょっと気になるところです。ボディショップのボディケアもどんな感じなんでしょうねー。
夏を前にして、ボディとヘアケアに、ついつい目が行きます。

CLASSYは、靴とワンピが多数載っていて、よりフェミニンなスタイリングの印象。
ここを抑えとけばみたいな、押さえどころをピンポイントで誌面を割いているので、
見ていて分かりやすいです。

余談ですが、読者モデルはCLASSYの方が好みです。(完全に男目線)
こんなキレイな女性、近所にいたらなー(え?)

娘ネタです
[PR]
by greenmamo | 2007-05-31 17:46 | book&magazine